めふ動物病院週報

宝塚市の動物病院<めふ動物病院>の院長が綴る院内報。 急な休診情報などはホームページよりもこのブログを参照ください。

2016年02月

口ほどに物を言います。

こんにちは。
宝塚市の動物病院、めふ動物病院です。


我が家の長女は、良く笑います。

IMG_4328b
お兄ちゃん大好き。



BlogPaint
じいじも大好き。



からの、


hiro03
離乳食 キライ~。

顔変わりすぎじゃね?


春遠からじ

こんにちは。
宝塚市の動物病院、めふ動物病院です。

恐ろしいことに、いつの間にか、二月も残すところ今日を入れて10日となりました。
あまりに時が経つのが早すぎて、気が付いたら死んでるんじゃないかと不安になる今日この頃です。

さて、そんな訳で
ワンちゃんの飼主様にはお馴染みの、狂犬病の春がやってまいります。
去年も記事にしましたが、新年度の狂犬病予防接種は4月2日から、
ではなく3月2日から注射可能となります。
ワンちゃんを飼っておられる方は、
狂犬病の予防注射を年に1回、6月30日までに受けさせる事が義務付けられていますので
うっかり忘れの無いようにご注意ください。
なお、4月5月はそれなりに混み合いますので
混雑を避けたい方は3月中のご来院をお勧めいたします。

そしてもう一つ、狂犬病とセットで語られることの多い、フィラリア症予防のシーズンも始まります。
当院ではフィラリア症予防薬の初回投与日は、5月1日としております。
ですから、3月4月中に投与前の血液検査を受けていただく必要があります。
全然春っぽくないこんな時期からフィラリア予防の話をし始めるのは
投薬開始の春までに、検査を終わらせておかなければいけないという事情があるからなのです。

ちなみに、今年もフィラリア検査をされた飼主様に
4月始まりのフィラリアカレンダーをお渡しいたします。
IMG_0771
先着200名様分を用意しておりますが、去年は4月いっぱいでお渡しし切ってしまいましたので、
ナンダカンダでやっぱりお早目のご来院をお勧めいたします。

ではまた次回。

君が作ったのなら文句も思い切り言えたのに

こんにちは。
宝塚市の動物病院、めふ動物病院です。

そういえば、ショップカードをプチリニューアルしました。
01

03

これまでのショップカードの情報に加え、よく聞かれる費用についての記載をいたしました。
いずれもホームページにも書いてある情報ですのであまり目新しくはありませんが、
犬友達、猫友達と「どこの動物病院に行ってるの?」というお話になった時の宣伝 もとい、ツールとしても使えますので、是非お持ち帰りください。

と、今、何気に、投稿した写真を確認したところ、
ホテルの費用について
「中型犬( 8kg~18kg)」
「大型犬(20kg~40kg)」

となっている事に、気付いてしまいました。
18kg~20kgのワンちゃんは?!

そう、当院では18kg~20kgの体重のワンちゃんは、ホテルでお預かりできません。
いやいやいや、「中型犬(8kg~20kg)」が正しい情報です。

ていうか血迷ってむこう2年分くらいまとめて印刷しちゃったので当面修整できませんから
ニヤっと笑って許してください。

ではまた次回。

私はUFOキャッチャー要員です。

こんにちは。
宝塚市の動物病院、めふ動物病院です。

我が家の長男は、お調子者で、良く喋り、良く踊り、チョコマカ動きます。
父親譲りですね。
ただしこれは気が置けない間柄の人に囲まれている時のみで、
知らない人が多くいる状況では、途端に無口になり動きは止まります。
いつもオチャラケている姿ばかり見ていると想像つきにくいですが、
緊張しいで、あがり屋で、恥ずかしがり屋で、本番に弱い一面も持っているようです。
これまた父親譲りですね。
つまり、いい所(?)も残念な所も、そっくりなワケです。

そんな彼が、人生初ボーリングをしました。

最初は人の注目を集める(ような気がする)投げる場所(?)に立つのを恥ずかしがってモジモジしていました。
お母さんと一緒に、というか、ほぼお母さんが投げるに等しい感じでレーンに立ち、
それでもそれなりに楽しんでいるようでした。
001

徐々に、周囲の人の目に慣れてくると、動きが良くなってきて
最終的なフォームは、こんな感じになりました。
 ↓ ↓ 
002

めっちゃカッコつけていますが、
レーンの真ん中で玉が静止するという現象を、初めて目撃しました。
ミラクル。

ちなみに家庭内ボーリング大会の勝敗ですが、
「ボーリングなんて何年ブリだろう~?体動くかなぁ?」とかなんとか言っていた副院長が、
舌の根も乾かないうちにストライクを連発し、恐ろしいスコアを叩きだして圧勝しました。
まさかの、テストの時に「全然勉強してないよ~」って言うタイプっ!?

今回の教訓は
「勉強してないよ(高得点を取れないとは言っていない)」
と言う事で。

ではまた次回。

次は茶色にします。

こんにちは。
宝塚市の動物病院、めふ動物病院です。

当院でのレントゲン検査は、フルデジタル化されています。
従来、撮影したレントゲン写真はフィルムに現像して、
シャウカステンという眩しいヤツで透かして見ていました。
一方当院では、撮影したレントゲン写真はフィルムに現像するのではなく、パソコンのモニターに出力します。
実は第1診察室の壁に掛けているiMacは、意識高い人ブっているわけではなく
このレントゲン写真を出力するための物だったりするのです。
iMacのRetinaディスプレイのコントラスト、輝度、精細さが同じ価格帯のモニターの中で群を抜いている(気がする)のは勿論ですが
そもそも当院で使っているレントゲンを見るソフトがMacでしか動かせないからだったりもします。

ではモニターがない第2診察室ではどうしているかというと、
レントゲンデータをiPad転送してご説明しています。

iMacやiPadでレントゲンをご説明。
自分で言っていて何ですが、意識高い系でイケ好かない感じですね。
iiyamaのモニターとASUSのタブレットじゃ駄目なのかと。
ダメなんです!
マックはやっぱり違うネ~」って言うのが目的だから!(違います)

そんな訳で、
看護師さんに
「シリコンカバーが付いている方のiPad持ってきて~」
とお願いしたら、
「黄色いカバーのヤツですか?」
と返されました。
うん? そう。それ。
でも、それ、黄色いカバーじゃなくて、透明カバーだよ?
どうして透明を黄色と思t・・・あれ??透明じゃ、ない?!
言われてみれば、結構、いや、カナリ黄ばんでる?!

私は毎日使っているから、違和感なく、買った時のままの透明カバーと思いこんでいましたが
指摘されてしまうともう黄色にしか見えなくなりました。。。

iPadを保護するという目的ならば、まだまだ使えそうですが、
意識高い系iPadユーザーとしては、カバーを新調する決意をしました。
いやいや、意識高いなら変色する前に買い換えろよと。
ていうか変色に気付けよと。
意識高ぶってる場合じゃねぇ。

ではまた次回。


地味にショック。