こんにちは。
宝塚市の動物病院、めふ動物病院です。

最近なんだかリュックが重たいな、と思っていたら、ノートパソコンが入ったままでした。
使わないノーパソを持ち歩くなよ、と。
むしろ、ほとんど開けないリュックを持ち歩くなよ、と。

そんなこんなで、私が通勤時に背負っているリュックは、今年で使い始めてから多分20年目になりました。
自分で言うのもアレですが、恐ろしいモノモチの良さ。
Jack Wolfskinというアウトドアブランドの自転車乗り用のものなので
そもそも頑丈に作られたものなのですが、ただ頑丈なだけではなく
背面のロゴやオシリの補強部分(?)には反射素材が使われていて原付通勤でも安心な仕様になっています。
IMG_2937

さらに突然の雨降りにも対応できるレインコート付。
IMG_2943
視界不良の雨の日でも目立つ赤色に、反射素材の肉球。イカス。


このリュック、
高校に通学する時も毎日使っていましたし(制服や指定カバンがない学校でしたので)、
四国八十八箇所のお遍路さんに行った時もこのカバンでした。枕としてもジャストフィット。
真冬に屋外のエレベーターに閉じ込められた時も、地べたに座ると死ぬほど冷たかったので、丁度いい椅子として大活躍しました。救助が来るまでの1時間、小説を読むのに没頭できるくらいの快適さ。寒かったけど。

そんなこんなで、苦楽を共にして色々と愛着があるので、もはや爆発でもしない限り使い続ける事でしょう。
それでも最近、布地がカナリ薄くなってきたので、これまでは『歩く薬箱』とか、『毎日が避難訓練』というレベルで物を詰めていましたが、必要最低限の物だけを入れて通勤する事にします。
まぁ冷静に考えて、徒歩15分圏内の通勤に方位磁針やホイッスルはいらないですね。

今回の教訓は
「物は状況に応じて大切に。『マクラ時々イス、所により緊急持ち出しグッズ まれに脊柱保護(原付でコケた時)』」
という感じで。

ではまた次回。